第27回 設計・製造ソリューション展(DMS)出展のご案内

シーイーシーは、2016年6月22日(水)~24日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催の「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展いたします。

シーイーシーブースでは、「とまらない工場への挑戦」をテーマに、IoT(Internet of Things)による情報基盤構築の支援と、活用方法のご提案を行ないます。

先日開催されたドイツの世界最大産業見本市「ハノーバーメッセ」でのテーマは「We Go Digital」で、メカや電気信号中心の世界から、ソフトウェアの領域が大きくなってきており、MESや、AIなどの活用、或いはロボットメーカーにおけるタブレットベースでのロボット操作、マテハンメーカーでの車両自動運転技術を応用した自律行動型の設備などが目を引きました。

弊社ではいち早くトレンドをつかみ、世界動向も見据えてお客様へご提案しておりますので、是非この機会に皆様のご来場をお待ちしております。

イベント概要

日時

2016年6月22日(水)~24日(金) 10:00-18:00(最終日は17:00まで)

会場

東京ビッグサイトMap

小間番号

東2ホール 12-29

主催

リード エグジビション ジャパン株式会社

入場料

下記公式サイトより招待券をご請求ください。

公式サイト
お問い合わせ

株式会社シーイーシー
イベント事務局 担当:石川(イシカワ)
Email:marketing@cec-ltd.co.jp
TEL:03-5789-2442

シーイーシーブースの展示内容

出展テーマ:「とまらない工場への挑戦 ~ IoTで情報基盤を構築し、その先の生産性向上と経営戦略へ ~」

■ 設備情報から情報基盤構築

稼動監視実績収集システム Facteye(ファクティエ)、 CAM ToolingCenter

ダウンタイムの削減の予防・予兆保全。工場・設備のリアルタイム監視と停止要因分析

■ 人の情報から情報基盤構築

RaFLOW(ラフロー)による人の位置情報/スマートロガーによる作業者の動態情報

搬送機器の無駄やボトルネックの見える化。作業員・フォーク・エレカなどのリアルタイム監視・動線分析と、作業情報からのリアルタイム工程進捗管理

■ モノの工程進捗から情報基盤構築

WiseImaging(ワイズイメージング)による検査工程における合否判定情報/「Dr.工程」による工程情報

Deep Learningによるグレーゾーンの自動判定と最適な日程計画/進捗の可視化

※上記プログラムは予告なく変更される場合がございます。予め、ご了承ください。

前のページへ戻る