第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)出展のご案内

シーイーシーは、2017年6月21日(水)~23日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催の「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展いたします。

シーイーシーブースでは、「とまらない工場への挑戦」をテーマに、IoT(Internet of Things)による情報基盤構築の支援と、活用方法のご提案を行ないます。

先日開催されたドイツの世界最大産業見本市「ハノーバーメッセ」でのテーマは「Integrated Industry – Creating Value(産業システムの統合化 – 価値の想像)」。これは、IoTやAIといった最新技術を駆使してデジタル化が伸展することで、設備や機器の高度化だけでなく、新事業の創出や生産性と従業員満足度の向上などといった新価値創造がインダストリー4.0の次のステップである期待が込められているとのことです。

弊社ではいち早くトレンドをつかみ、世界動向も見据えたご提案をさせていただいており、その一つが今回出展させていただく最大のポイント「Visual Factory」になります。

ここで多くを語れませんが、是非会場にて、“「Visual Factory」とは何か?”をご覧いただければと存じます。

イベント概要

日時

2017年6月21日(水)~23日(金) 10:00-18:00(最終日は17:00まで)

会場

東京ビッグサイトMap

小間番号

東2ホール 31-6

主催

リード エグジビション ジャパン株式会社

入場料

事前登録により無料
※下記公式サイトより招待券をご請求ください。

公式サイト
お問い合わせ

株式会社シーイーシー
イベント事務局 担当:石川(イシカワ)
Email:marketing@cec-ltd.co.jp
TEL:03-5789-2442

シーイーシーブースの展示内容

出展テーマ:「とまらない工場への挑戦 ~ つながる工場から最適作業指示へ ~」

■ 設備情報から情報基盤構築

稼動監視実績収集システム Facteye(ファクティエ)

ダウンタイムの削減の予防・予兆保全。工場・設備のリアルタイム監視と停止要因分析

■ 人の情報から情報基盤構築

RaFLOW(ラフロー)による人の位置情報/スマートロガーによる作業者の動態情報

搬送機器の無駄やボトルネックの見える化。作業員・フォーク・エレカなどのリアルタイム監視・動線分析と、作業情報からのリアルタイム工程進捗管理

■ Visual Factory

アラーム発生(設備の異常検知)から人の作業状態把握とリアルタイム作業指示
その時なにがあったのか???

※上記プログラムは予告なく変更される場合がございます。予め、ご了承ください。

前のページへ戻る