TOP > 製品・ソリューション > セキュリティ > 情報漏えい対策 DocumentSecurity

情報漏えい対策 DocumentSecurity

社内の重要データを暗号化して守る、ドキュメントセキュリティ(DS)

DocumentSecurityは、文書ファイルのアクセス制御を行うための製品で、ファイルを暗号化して、その重要度に応じた権限設定が可能な情報漏えい対策ソリューションです。社内にある様々なファイルの閲覧、編集、保存といった作業を制限することが可能で、USBメモリやCD-Rといった外部メディアへの保存禁止による持ち出しの制御、外部のユーザに提供するドキュメントを専用の文書形式に変換し、閲覧や印刷回数、閲覧期限などの条件をつけることができます。

DocumentSecurityロゴ
DocumentSecurityは、アルプスシステムインテグレーション株式会社が開発した情報漏洩ソリューションです。

特長 | 活用事例 | 価格

DocumentSecurityのイメージ

特長

DRM暗号化によりきめ細かいファイル管理を実現します

ユーザ・グループごとに多彩な規制をファイルに付与することができ、セキュリティポリシーまたはファイル の重要度に応じたシステム運用が可能となります。万が一、機密ファイルが漏えいしても、意図しないユーザはファイルを開くことができません。

DocumentSecurityの特長

ファイルに対する操作履歴と管理

文書ファイルのライフサイクルにあわせて、閲覧・編集・暗号化解除・持出し・削除・破棄といったログを参照できます。文書の操作ログだけでなく、ログインやパスワードの変更などのユーザ操作やポリシーの変更を行った際の管理者の行動まで管理することで、フォレンジックの面においても活用できます。

DocumentSecurityログ参照画面

モバイル対応と外部メディアの規制

ノートPCでの持ち出し時も同じようにDSの機能が利用できます

ノートPCやサーバと通信が取れない障害時でもクライアント側が各種権限を保持しているので、オンライン時と同様に暗号化ファイルにアクセスすることができます。また、ログもクライアントが保持、オンライン時にサーバへ送られます。

外部メディアやネットワークの利用に対しても制限できます

フロッピーディスク、リムーバブルメディア、CD-Rの書込み制限します。その際には、情報漏洩につながる書き込み行為だけを禁止し、現在利用している読み込むデータには手を加えません。さらに、グループ・個人ごとにIP・ポートを制限し、内部ユーザによる不正アクセスを防止することも可能です。

外部メディア規制のイメージ

活用事例

Webシステムと融合した情報漏えい防止システムを実現

Web業務サーバで重要データをダウンロードしていたお客様に対して情報漏洩の防止を実現させました。関係者以外のユーザがダウンロードした場合にデータを閲覧できないように、サービスリンカーというモジュールを使い、クライアントが既存のWeb業務サーバのデータをダウンロードする瞬間に自動的に暗号化を施すことを可能にしました。これによってWebシステムの利便性を損なわずに、重要データの漏洩防止を実現させました。
 また、きめ細かい利用権限を設定できる外部送信用の暗号化ファイルを作成し、エージェントソフトが入っていないPCにデータを送っても情報漏えい対策が施せる点においても評価頂いております。

DocumentSecurityの活用事例

価格

価格については以下の通りになります

実際の導入時には、お客様の環境に合わせて、導入費用が別途必要となります。
DocumentSecurityを動作するには、SQL Server2000以上が必須となります。
記載内容は、予告無しに変更になる場合があります。ご発注の際にご確認ください。

DSサーバ
クライアント数サーバ価格(税抜)
50-999 \525,000(¥500,000)
1000-1999 \630,000(¥600,000)
2000-2999 \945,000(¥900,000)
3000-4999 \1,155,000(¥1,100,000)
5000- 別途お見積もり
DSクライアント
クライアント数サーバ価格(税抜)
50-99 \26,250(\25,000)
100-499 \23,100(\22,000)
500-999 \21,000(\20,000)
1000-1999 \18,900(\18,000)
2000-2999 \14,700(\14,000)
3000-4999 \12,600(\12,000)
5000- 別途お見積もり
資料
請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ