メインフレームの運用管理効率化に向けた協業を開始

2019年2月12日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田原 富士夫、以下 シーイーシー)と株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 北野 裕行、以下 ユニリタ)は、メインフレームの業務効率化を推進するためビジネスパートナー基本契約を締結し、両社連携によりお客様の運用管理コスト削減、利便性向上に向けて協業関係をさらに強化していくことをお知らせします。

一般的にレガシーシステムと言われるメインフレームは、企業の基幹システムとして長年にわたり開発されているため肥大化・複雑化しており、保守・運用に多くのコストが割かれています。今回の協業では、こうしたメインフレームの煩雑な運用管理を外部アウトソーサーのデータセンターに移行し、運用保守業務をアウトソース化することで課題の解決を図ってまいります。

協業イメージ

お客様のメリット

よくある悩み 解決策とメリット
システム管理者の負荷が大きい シーイーシーがハードウェアからOS、アプリケーションに至るまで一括して管理。システム管理者の負荷を大幅に軽減します。
システムの老朽化や維持コストの肥大化 サービス利用のためICT資産を所有することなく、運用業務ごとアウトソースすることでICT全体の運用コストを削減します。
メインフレーム技術者の不足 メインフレームに精通したシーイーシーの技術者が柔軟に対応します。

シーイーシーは、40年以上のシステム構築、運用の実績から、メインフレームを最も効率のよい手法・プロセスで移行し、メインフレームの運用・保守における課題を強力に支援するベストプラクティスを持っており、移行後の運用・保守、技術サポートもあわせてワンストップで提供いたします。

ユニリタは、レガシーシステムのデファクトスタンダードであるジョブ運用製品「A-AUTO」、帳票出力管理製品「A-SPOOL」を30年以上にもわたり提供しています。A-AUTO、A-SPOOLはメインフレームメーカーに依存せず同一のプロセスで運用管理を行うことができるため、複数メーカーのメインフレームが混在する運用環境においても、オペレーションを統一することにより保守、運用コストを削減することができます。

今回の協業で、メインフレームを継続利用するお客様は業務をアウトソース化することにより運用業務から解放されます。シーイーシーならびにユニリタは、今後もメインフレームを活用するすべてのお客様に対し、さらに最適なコストでの運用・保守を提供することで、事業貢献してまいります。


株式会社ユニリタについて

所在地:東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟29階

資本金:13億3,000万円

代表者:代表取締役 社長執行役員 北野 裕行

URL:https://www.unirita.co.jp

事業内容:
ユニリタは、独立系の自社開発型パッケージソフトウェアメーカーです。データ活用を通じデジタル社会でのビジネス貢献と、システム運用を通じ業務効率化や生産性向上を実現するための製品とサービスを提供しています。現在、新規事業分野として「働き方改革」「地方創生」「一次産業活性化」などの社会的課題に対し、デジタル技術で解決すべく業界SaaS事業の拡大を図っています。


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:サービスインテグレーションビジネスグループ
データセンターサービス事業部 データセンターサービス部 粕谷(カスヤ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル8F
TEL:03-5789-2442
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
※記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

前のページへ戻る