シーイーシー、シンクラ環境でUSB接続機器を安全活用するVUMSの提供開始

~ 安全性と利便性を両立したシンクライアントサービスを提供 ~

2015年7月29日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田原 富士夫、以下 シーイーシー)は、このほど株式会社TCSI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田口 善一、以下 TCSI)と販売代理店契約を締結、本日よりTCSIが開発したシンクライアント環境でUSB機器の安全な利活用を実現する、仮想USBデバイス統合管理ソフト「VUMS(バムス)」、および導入に必要な各種ICTサービスの提供を開始いたします。

VUMSは、仮想デスクトップサーバーにUSBデバイスドライバを集約させることで、各種USB周辺機器をネットワーク経由で接続、集中管理を可能にするソフトウェアです。ユーザー名、端末名などをもとに、接続するUSB機器の制限や行動証跡をログとして管理できます。これにより、安全性と利便性を両立したUSB接続機器の活用を実現し、通常のパソコン(ファットクライアント)と何ら変わらない、シンクライアント端末の利用環境を構築いたします。また、シーイーシーが提供する認証ソリューションSmartSESAME(スマートセサミ) PCログオンと組み合わせることで、より安全で便利なシンクライアント環境を構築することができます。

サービスの詳細はこちら http://www.cec-ltd.co.jp/solutions/vums/

なお、シーイーシーは、仮想USBデバイス統合管理ソフト「VUMS(バムス)」および関連サービスについて、今後3年間の累計で100社の導入を目指します。


VUMSを利用したシンクライアント環境

press_20150729


VUMSの特長

1. クライアント(端末)にドライバをインストールしない設計

サーバー側にドライバをインストールし仮想化するため、端末側へドライバのインストールは不要です。

2. USBデバイスごとに設定可能な細かな接続設定が可能

同じ種類のUSBメモリでも読み書き可、読み取りのみの制限を掛けられる仮想化技術です。接続しているデバイスのみを接続ユーザーに見せ、他のユーザーからは見せないようにしますので、仮想化の特長である高いセキュリティポリシーを保持します。

3. サーバー側で一元管理可能な管理コンソールを実装

事前に登録されたUSBデバイスのみを使用許可します。シリアル番号まで登録可能なため、同じ種類のUSBメモリでも異なる設定が可能です。また、Active Directoryと連携したユーザーおよびユーザーグループでも登録/管理が可能です。

4. USBデバイスの行動証跡の取得が可能なログ管理機能を装備

登録済/未登録に限らず、全てのUSBデバイスの接続履歴をSyslogにアップします。不正デバイスも認識可能な仮想化技術です。VUMSで接続したUSBメモリの動作をログデータとして出力可能です。


価格について

VUMS導入参考価格

ライセンス(サーバーライセンス含む20クライアント) 150万円~
構築サービス 350万円~

※価格の詳細は別途照会先までお問い合わせください。


シーイーシーについて

シーイーシーは、独立系システムインテグレーターとして、プラットフォームインテグレーション事業、インダストリーオートメーション事業、システムインテグレーション事業まで、トータルにICTサービスを提供しています。プラットフォームインテグレーション事業においては、ネットワークで繋がれた自社データセンターを基盤に、クラウドサービスBizVision PLUS や認証ソリューションSmartSESAMEなど、お客様の業務遂行に必要なビジネスプラットフォーム環境やビジネスに最適なICTのインフラを提供しています。


この資料に関する問合せ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:プラットフォームインテグレーションビジネスグループ プラットフォームサービス事業部 白井(シライ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:cec-vums@cec-ltd.co.jp

報道関係者問合せ先

株式会社 シーイーシー
【担当:企画部 広報グループ 根本(ネモト)、稲垣(イナガキ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:kouhou@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

前のページへ戻る