作業動態分析システム「スマートロガー™」がスマートグラス端末に対応

~ 製造・物流現場向け作業者支援ソリューションを拡充 ~

2016年12月6日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田原 富士夫、以下 シーイーシー)はこのほど、製造・物流現場向けに展開している作業者支援ソリューションの拡充に向け、作業動態分析システム「スマートロガー™」にメガネ型ウェアラブル端末のスマートグラスを採用し、本日より提供開始いたします。
スマートグラスに対応することで、作業現場の管理者がハンズフリー(手ぶら)で作業内容を動画で記録・保存し、「誰が」「いつ」「どこで」「どんな」作業をしているかをビジュアル的に動作分析、時間分析が可能となります。これにより、現場責任者や作業管理者のIE分析(Industrial Engineering)の精度向上とデータ収集・分析時間の大幅な低減を実現しています。

シーイーシーは製造・物流現場向け作業者支援ソリューションに注力しており、今後も作業現場のデータ収集・分析、作業監視、作業指示、リモートメンテナンス、作業場所の危険状態回避に役立つ製品・サービスを順次提供してまいります。


スマートロガー™(スマートグラス版)の概要

このたび提供するスマートグラスに対応したスマートロガー™は、2016年7月に提供開始した作業者向けスマートウォッチ版に続き、AGC旭硝子(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)と共同開発しました。
スマートグラス端末に搭載された各種センサーやカメラ機能を活用し、作業管理者がハンズフリーで簡単に、作業工程ごとの所要時間と動画データを自動集計できる仕組みです(下図)。管理画面上で、現状の作業時間・動作を定量的に解析しやすく、ムリ・ムダ・ムラの発見に加え、改善活動に必要な分析工数や負荷を大幅に軽減します。また、熟練者と非熟練者の作業を比較・分析し、熟練者の作業の動きや判断のポイントを抽出して、技術・技能伝承に必要なマニュアル作成も可能になります。

図:スマートロガー™の利用イメージ

図:スマートロガー™の利用イメージ


スマートロガー™(スマートグラス版)の特長

スマートグラス端末からビデオ映像で現場作業を記録

作業分析の結果と実際の映像を合わせて見ることで、問題に対する原因の判定を容易にします。また、熟練作業者と経験の浅い作業者の分析結果と映像データを比較することで、経験の浅い作業者へ具体的な改善点を示すことができます。作業現場での情報共有としても効果を発揮します。

図:作業管理者が装着するスマートグラス(上)、スマートロガー管理画面(下)

図:作業管理者が装着するスマートグラス(上)、スマートロガー管理画面(下)

その場で作業を分類しIE作業を効率化

従来はビデオカメラで撮影後、後から映像を見て作業を分類していましたが、スマートグラスを使うことで作業現場を撮影しながらその場で作業分類ができ、分類作業を大幅に軽減できます。分類された作業データはスマートグラスから自動的にサーバーへアップロードされます。従来と比べてデータ収集から分析作業までの時間を1/10以下に削減できます。

press_20161206_03


今後の拡張予定

スマートロガー™を活用した作業現場のログ管理のほか作業指示、リモートメンテナンス、作業場所の危険状態回避など製造・物流現場に貢献する作業者支援ソリューションのラインアップを拡充してまいります。

  • 遠隔作業支援:現場作業員の作業状況を遠隔から把握・映像情報を共有し、リモートでの作業指示や作業支援を行う機能も提供予定(現在開発中)。
  • ディープラーニングの活用:ディープラーニングによって、作業者の動作・手順を学習し分析効率のさらなる向上と究極の「手ぶら化」を可能にします(社内技術評価中)。

提供価格

約300万円~ (スマートロガー™(1ライセンス)とスマートグラス2台を標準提供)
※上記価格には、その他導入作業費やライセンス年間保守も含む。詳しくは弊社製品担当までご相談ください。


作業動態分析システム「スマートロガー™」について

当社はAGC旭硝子と「スマートロガー™」を共同開発し、スマートデバイス端末を活用して現場の情報を作業者の負担にならない方法で収集し、より手軽で効率的なデータ分析の仕組みを提案してきました。現在、AGC旭硝子各工場や同社グループ各社、自動車メーカー・サプライヤー、精密機器メーカーなどの製造業や物流業向けに展開しています。

製品詳細ページ:http://vrr.cec-ltd.co.jp/product/smartlogger/


株式会社シーイーシーについて

シーイーシーは、独立系システムインテグレーターとして、インダストリーオートメーション事業、システムインテグレーション事業、プラットフォームインテグレーション事業まで、トータルにICTサービスを提供しています。インダストリーオートメーション事業においては、国内製造業の競争力を高める日本版インダストリー4.0の実現に向けて、工場の自動化や生産効率の改善、品質向上、匠の技の継承につながるICTソリューションを提供しています。Facteye(ファクティエ)をはじめとしたIoT活用プラットフォームやシミュレーション技術による生産・物流現場の可視化ツール「RaAP(ラープ)」「RaLC(ラルク)」など独自技術を応用した製品・サービスを提供しています。

ビジネスサイト:http://vrr.cec-ltd.co.jp/


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:インダストリーオートメーションビジネスグループ 担当:膳亀(ゼンガメ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2587
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

報道関係者お問い合わせ先

株式会社シーイーシー
【担当:企画部 広報グループ 根本(ネモト)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:kouhou@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

※PDF版はこちらからご覧ください。

前のページへ戻る