シーイーシー、米国SpikeSource社と提携し、画期的なオープンソースソフトウエアサービスを開始

2005年8月12日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 新野 和幸、以下シーイーシー)は、このほどサンマイクロシステムズ社時代にJava言語を開発した中心人物で、marimba社の創設者としても知られる、キム・ポレーゼ氏率いる米国SpikeSource社(本社 米国カリフォルニア州、CEO キム・ポレーゼ(※) 以下SpikeSource)と、オープンソースビジネスに関しての、日本国内およびアジア地区(中国、韓国、台湾等の日系企業)におけるサービス提供に関わる代理店契約を締結し、9月1日より提供を開始いたします。

今回提供するサービスは、Linux、Apache、MYSQL、JBOSSなど多種、多様なオープンソースソフトウエア(以下OSS)のコンポーネントを集め、これらの組み合わせによる動作を検証し、同社が認定した「スタック」に対し、アップデート情報の配信やリモート管理サービスを行うものです。

これまでユーザがOSSを導入する際、ライセンス費用は無償または無償に近く、コストの面で非常に魅力があるものの、コンポーネントの組み合わせによる動作確認や、アップデート情報の収集、障害管理など、ソフトウエアのシステムへの実装検証をユーザ自身で行う必要があり、導入の阻害要因となっていました。今回のサービスにより、ユーザはこれらの煩雑で高い技術を要する作業から解放され、安心してOSSの導入が可能になります。

シーイーシーではOSSサービスとしてSpikeSource社の提供するサービスに加え、日本国内のユーザが「認定外」のOSSによるシステムを導入する際の、コンポーネントの動作検証、保守・サポートも個別に対応いたします。

近年、OSSの品質も飛躍的に向上し、市販の業務用パッケージと遜色ない製品も提供されています。ユーザが安心してシステムを導入できるようになることで、OSSの市場も爆発的に拡大することが予想されます。シーイーシーでは、1998年よりLinuxによるシステムの検証を手がけ、以降Webシステムの開発やIT機器のファームウエア開発等へのOSS活用を図り、技術向上と経験を積んで参りました。このたび、SpikeSource社との連携を核としたサービスの立ち上げに加えて、シーイーシーではOSSを活用したインテグレーションサービスやシステム構築等によって、3年後の2007年度にはOSSビジネス全体で売上100億円を計画しています。

(※)キム・ポレーゼ
キム・ポレーゼ氏は、かつてサンマイクロシステムズ時代にJavaの開発プロジェクトを率いた女性で、1996年にインターネットのプッシュ技術を核にした会社marimbaを設立、CEOを務めた人物であり、2004年にSpikeSource社のCEOに就任しました。

企業概要

名称 株式会社シーイーシー
設立年月日 1968年2月24日
上場年月 平成13年7月(東証一部)
資本金 65億8600万円
売上高 411億600万円(平成17年1月期)
代表者 代表取締役社長 新野 和幸
事業内容 ◆情報系ビジネス
・営業支援システムWonderWebを中心とした情報活用ソリューション
・ITILをベースとしたITマネジメントサービス
・各業種・業務分野別のソフトウエア開発サービス
◆制御系ビジネス
・組込みソフト開発や組込みDB「Linter」を利用したシステムソリューション
・デジタル機器を活用した設備系ソリューション
・ものづくりの企画から開発、検証までトータルに支援する製品サービス
名称 SpikeSource,Inc
設立年月日 2003年
従業員数 45名
代表者 CEO Kim Polese
事業内容 ユーザ企業、SI企業、OSS開発者に対するOSS相互運用性のテスト、認証、サポートの提供。

この資料に関する問合せ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:ソリューションサービス本部 基盤システム開発部 三條】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

報道関係者問合せ先

株式会社 シーイーシー
【担当:事業企画本部 広報部 稲垣(イナガキ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:kouhou@cec-ltd.co.jp

※ 記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

前のページへ戻る