シーイーシーと米国SugarCRM社、商用のOSSパッケージで国内初のOEM契約を締結

12月1日より、「OpusSquare CRM(オーパススクエア シーアールエム)」の販売を開始

2005年11月17日
株式会社シーイーシー
SugarCRM Inc.

株式会社シーイーシー(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 新野和幸、以下シーイーシー)と米国SugarCRM社(本社 米国カリフォルニア州、CEOジョン・ロバーツ 以下SugarCRM)は、SugarCRM社のヒット商品で、商用のオープンソースソフトウエア「Sugar Enterprise」「Sugar Professional」のOEM契約を締結しました。同商品でOEM契約を締結するのは国内では初めて。シーイーシーは本商品をベースに国内ユーザ向けに使いやすく、付加価値をつけた「OpusSquare CRM」シリーズとして12月1日より販売を開始いたします。

このたび販売を開始する「OpusSquare CRM」は、SugarCRM社の提供している「Sugar Enterprise」「Sugar Professional」をシーイーシーが独自に日本語環境にローカライズしたパッケージ商品で、顧客管理や商談管理、見積作成・管理、販売予測・分析など多彩な営業支援機能と柔軟な情報共有の仕組みを持ち、プログラムを組むことなく、導入企業独自の業務プロセスにあわせて、簡単にフィールドの追加やモジュールの追加、修正ができることが特長です。加えて、今後シーイーシーの持つノウハウを活かし、訪問計画作成支援や訪問実績集計等の付加価値機能を提供する予定です。

「OpusSquare CRM」は代理店による販売や、同社が運営するソフトウエアダウンロードサイト「ソフトダイレクト(https://www.soft-direct.com)」からのダウンロード販売の他、ソリューションメニューのひとつとして直接販売を行います。また、同社がこれまで営業支援システムの提供で培ってきた経験とノウハウをもとに、導入コンサルテーションから教育、お客様のニーズに合わせたカスタマイズ支援、パッケージ導入後の保守・運用管理まで一貫したサービスメニューを準備し、オープンソースによるCRMシステム構築を支援いたします。

シーイーシーは、1993年より営業支援パッケージを手がけ、1998年からWebベースの営業支援システム「WonderWeb」の提供を開始、国内350社の導入実績があります。今後はオープンソース環境向けに「OpusSquare CRM」を用意し、お客様のニーズに合わせてサービスを提供いたします。また、営業支援システム「WonderWeb」で培った技術とノウハウを活かし、営業活動の分析機能など順次機能強化のための追加オプションを提供、ビジネス環境の変化に迅速に対応できるシステムを提供してまいります。

SugarCRM社は、シーイーシーのオープンソース事業への取り組みと、CRM/SFAシステムの実績を高く評価しており、国内最重要パートナーと位置づけています。このたびの提携でパッケージの機能強化を図るとともに、日本市場におけるCRMのデファクトスタンダードを目指します。

シーイーシーは8月からオープンソース事業に注力しており、OSSソリューション&サービス「Open Source Expert」を展開中、ユーザが安心してOSSを導入できるよう、ソフトウエアの検証、保守・サポートサービスおよび導入のための技術支援サービスを提供しています。このたびの提携は、同社のOSSアプリケーションソリューション「OpusSquare」の第一弾になります。同社では「OpusSquare CRM」に関連する事業で今後3年間に売上20億円を計画しています。

OpusSquare CRMの特長

1. キャンペーン管理

キャンペーン活動は、ターゲットを絞り込み効率よく行うことが必要です。 OpusSquare CRMでは、手持ちのデータやOpusSquare CRMのデータを組み合わせてターゲットリストを作成します。作成したリストに対してはテンプレートを使用して簡単に電子メールを作成し、一括自動送信します。また、トラッカー機能によりE-mailマーケティングの効果測定を行うことができます。

2. ダッシュボード

マーケティング活動では、行ったアクションを分析しより効果的な戦略を練ることが重要になります。 OpusSquare CRMではリードソースごとの商談結果やどれくらいの商談規模があるのかをグラフで表示することによって、どのリードソースが効果的なのか判断することができます。

3. 商談管理

マネージメントするにあたって、部下がどれくらいの商談を抱えどのような活動が行われているかを把握する必要があります。 OpusSquare CRMでは商談ステージ、商談規模、受注予定日と目的を絞って検索し、受注規模・受注予定に対する行動がなされているか、進捗に問題ないかを確認することができます。

4. プロジェクト管理

管理するプロジェクトを効率よく進めるには、作業内容を整理し適切な人間に配分し進捗を管理することが重要な鍵になります。 OpusSquare CRMでは、配分した作業に対する進捗率や作業時間、またプロジェクトに関わるデータが1画面で参照できるので整理されたデータをみながらマネジメントすることができます。

5. 予測

数字をマネージメントする上で、現状どれくらいの商談規模があり達成できるのか、どれくらい見込めるかを把握する必要があります。 OpusSquare CRMでは営業が予測でコミットした数値はホームに表示され、リアルなデータにて計画をたてることができます。

6. システム設定

システム管理メニューから、フィールドやモジュールレイアウト、ドロップダウンの値を自社にあわせて修正/追加/削除を行うことができます。

7. 複数のデータベースに対応(Enterprise版 2006年1月提供予定)

OpusSquare CRM Enterprise版ではOracle 9iデータベースをサポートします。

8. 訪問計画作成支援(2006年1月提供予定)

営業活動を効率的に行うための、活動計画の作成を支援します。

販売価格(ライセンス)

OpusSquare CRM 48,000円/ユーザ/年

※メールによるサポート(インシデント制限なし)、契約期間中のアップグレードモジュール等の提供あり

稼働環境

OS Linux、Windows2000Server
Webサーバ Apache、IIS
データベース MySQL version 4.1.x
言語 PHP versions 5.X

企業概要

名称 株式会社シーイーシー
設立年月日 1968年2月24日
上場年月 平成13年7月(東証一部)
資本金 65億8600万円
売上高 411億600万円(平成17年1月期)
代表者 代表取締役社長 新野 和幸
事業内容 ◆情報系ビジネス
・営業支援システムWonderWebを中心とした情報活用ソリューション
・ITILをベースとしたITマネジメントサービス
・各業種・業務分野別のソフトウエア開発サービス
◆制御系ビジネス
・組込みソフト開発や組込みDB「Linter」を利用したシステムソリューション
・デジタル機器を活用した設備系ソリューション
・ものづくりの企画から開発、検証までトータルに支援する製品サービス
名称 SugarCRM Inc.
設立年月日 2004年
従業員数 55名
代表者 CEO John Roberts
事業内容 商用のオープンソースカスタマ・リレーションシップ・マネージメント(CRM)ソフトウエアのリーディングプロバイダ。フレキシブルで費用対効果に優れたCRMアプリケーションを提供することによって、容易にどんな経営環境にも順応します。 SugarCRMのオープンソースアーキテクチャは、顧客とのより有益な関係を築くためのビジネスプロセスの構築を容易にします。

この資料に関する問合せ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:ソリューションサービス本部 WonderWebソリューション部 木村(キムラ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

報道関係者問合せ先

株式会社 シーイーシー
【担当:事業企画本部 広報部 稲垣(イナガキ)、根本(ネモト)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:kouhou@cec-ltd.co.jp

※ 記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

前のページへ戻る