シーイーシー、医療文書管理システム「e+KARTE™(イータスカルテ)」の提供開始

~紙による医療文書の管理作業を軽減し、院内業務の効率化を推進~

2010年10月13日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新野 和幸、以下シーイーシー)は、本日より、医療文書管理システム「e+KARTE™」の提供を開始いたします。「e+KARTE™」は厚生労働省の定める「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」※に準拠したシステムです。紙媒体を基本とした業務形態から、電子データを基本とする業務形態への転換を促進し、医療機関における業務の効率化を支援いたします。

病院・診療所・クリニックにおいては、安全性の向上、業務効率化、地域医療連携などの観点から、医療用ITシステムの採用が進んでおり、電子カルテを導入する医療機関は増加傾向にあります。しかしながら、電子カルテシステムが導入されても、院内には様々な紙文書が存在しており、これらの紙文書については医療ITシステムとは切り離されているため、効率的に管理、運用されておりません。

「e+KARTE™」は、手術記録や紹介状、承諾書、過去カルテなど、紙の医療文書を、e文書法に準拠した形(電子証明書により文書改ざんを防ぎ、完全性を確保)で電子化し、院内のペーパーレス化と医療情報の共有化を推進いたします。「e+KARTE™」は、電子カルテシステムとのインターフェースを備えているため、電子カルテ・アプリケーションと容易に連携させることができ、患者の電子カルテから、簡単に、素早く、医療文書を参照することで診療の業務効率向上を図ることができます。まだ電子カルテが導入されていない病院や診療所でも、「e+KARTE™」を導入して院内の業務改革を進めることができます。 また、ペーパーレス化することで、紙文書の保管に使用していた場所を診察室や処置室、待合室、入院施設などに転用することができ、スペースの有効利用を図ることができます。

「e+KARTE™」の導入にあたっては、紙文書を電子化して登録する際に、初期設定値以外にも、院内で活用している検索キーを、医療文書の種類ごとに設定することができます。このキーを使って検索することで、これまで蓄積してきたノウハウを、診療データの調査や分析に有効活用することができます。電子文書は、PC上の書棚にカテゴリごとの電子バインダに綴じられ、紙文書を扱う動作と同様の操作感覚で保管や閲覧ができますので、誰でも簡単に利用することができます。

シーイーシーは、医療文書管理システム「e+KARTE™」の事業展開にあたり、今後3年間で100医療機関への販売を目指します。

なお、本システムは富山大学附属病院にてご導入いただき、10月12日より稼動開始いたしました。

※厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/02/s0202-4.html

「e+KARTE™」の特長

1.わかりやすい操作性

電子化された医療文書は、紙文書を扱う動作と同様の操作感覚で保管、閲覧することができます。

2.優れた登録/検索機能

紙文書をスキャンして取り込む際に、予め準備されたキーワード以外に、自院で利用するキーワードを埋め込むことができるため、効率的に医療文書を探し出すことができます。

3.電子カルテとの連携

電子カルテ・アプリケーションと連携できるインターフェースを標準で装備しています。電子カルテより患者を起点にして、登録した紙文書を参照、閲覧できます。

「e+KARTE™」関連サービス(オプション)

1.システム導入支援サービス

業務の運用設計等を支援いたします。

2.医療情報電子化支援サービス

医療紙文書の電子化作業を代行いたします。

3.医療情報バックアップサービス

電子化された医療情報を、各種認証を取得している弊社のデータセンターにて保管いたします。
(※取得許認可:品質マネジメントシステム【ISO9001:2008】、情報セキュリティマネジメントシステム【ISO/IEC27001】、ITサービスマネジメントシステム【ISO/IEC20000】、プライバシーマーク認定事業者)

e+KARTE™(イータスカルテ)の利用イメージ(例)

press_20101013

システム構成

ハードウェア 文書管理サーバー、クライアント、イメージスキャナー
ソフトウェア e+KARTE™アプリケーションソフトウェア一式

e+KARTE™(イータスカルテ)の価格

3,400,000円(税込み)から

※e+KARTE™(イータスカルテ)アプリケーションソフトウェア一式、タイムスタンプサービス (10,000スタンプ)、導入トレーニング含む。ハードウェアは除く。

動作環境

サーバー Windows Server® 2003 R2~Windows Server® 2008 R2
クライアント Windows® XP Professional SP2以降
※Windows® 7は一部制限事項あり

株式会社シーイーシーについて

シーイーシーは、独立系システムインテグレーターとして、ソフトウェア受託開発サービス事業(PROGRESS)から、ITライフサイクルマネジメントサービス事業(PROFESSIONAL)、診断/検証サービス(PROVEQ)、ソリューションサービス(PROSES)まで、トータルなITサービスを提供しています。ソフトウエア開発分野では、自動車産業、製造業、金融業、情報通信業等の、産業分野向け受託開発ビジネスで培った業種固有の業務ノウハウと、特化されたIT技術のノウハウを活用して、お客様の事業推進や業務効率化に最適なアプリケーションプログラムを開発いたします。また、医療・福祉・介護分野や生産物流分野、カーエレクトロニクス分野においては、受託開発に加えて、独自のソフトウエアパッケージを活用して、特徴あるシステムインテグレーションサービスを提供しています。
詳細はWebサイト: http://www.cec-ltd.co.jp をご参照ください。

この資料に関する問合せ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:第一システム事業本部 第一システム開発事業部 竹村(タケムラ)、田浦(タウラ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2498/FAX:03-5789-2586
URL:http://www.cec-ltd.co.jp/

報道関係者問合せ先

株式会社 シーイーシー
【担当:管理本部 総務部 広報グループ 稲垣(イナガキ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442/TEL:03-5789-2585
E-mail:kouhou@cec-ltd.co.jp

※ 記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

前のページへ戻る