企業PCをランサムウェア・ゼロデイ攻撃から守る「Sophos Intercept X」を提供開始

トータルセキュリティソリューション「Cyber NEXT」のメニュー拡充

2018年7月10日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田原 富士夫、以下 シーイーシー)は、本日より、ソフォス株式会社(日本法人本社:東京都港区、代表取締役社長:中西 智行、以下Sophos)が提供する企業PCを狙った高度なサイバー攻撃への対策製品 「Sophos Intercept X」の取り扱いを開始します。

企業が持つ機密情報、あるいは金銭を狙ったサイバー攻撃の一つとして、WannaCryなどに代表されるランサムウェアの被害拡大が多く報告されています。そこで、シーイーシーは、高機能型ランサムウェア対策製品である「Sophos Intercept X」をトータルセキュリティソリューション「Cyber NEXT」のラインアップに加え、ランサムウェアを核とした標的型攻撃からお客様環境を防御いたします。


「Sophos Intercept X」の特長

本製品は、高度なサイバー攻撃に対応するランサムウェア対策機能を備えているのが特長です。機械学習によりセキュリティ対策を回避する暗号化型ランサムウェアや、従来のシグネチャ型(※1)のウイルス対策製品で防ぐことが困難な亜種・ゼロデイ攻撃、ステルス化された攻撃を防御し、未知のランサムウェアへの対応を強化することができます。

  1. ゼロデイ攻撃や脅威の亜種をファイルスキャンなしにブロック
  2. 高度なランサムウェア対策機能で悪意のある暗号化ファイルを攻撃前の状態にロールバック
  3. 攻撃に対する原因を分析し可視化、対策を構造図で提示
  4. シグネチャレス型のマルウェア駆除ツールでスパイウェアやマルウェアを除去

また、クラウドベース製品のためPCにエージェントをインストールするだけで簡単にご利用いただけます。
さらに、トレンドマイクロなど、既存の他社製エンドポイントセキュリティ製品やウイルス対策製品との併用が可能なため(※2)、次世代型のディープラーニングを活用したマルウェア対策、ランサムウェア対策、およびエクスプロイト対策をアドオン的に使用することができます。

(※1)シグネチャ型:既知の攻撃パターンに基づく攻撃とマッチングさせ攻撃を検知する方法
(※2)2017年12月時点 詳細は営業担当までお問い合わせください。

「Sophos Intercept X」の詳細はこちらをご覧下さい。
https://www.sophos.com/ja-jp/products/intercept-x.aspx


価格について

ライセンス価格、オプション(導入支援・サポートデスク)などの詳細は、営業担当までお問い合わせください。


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:サービスインテグレーションビジネスグループ
セキュリティサービス事業部 CyberNEXTビジネス部 古溝(フルミゾ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

前のページへ戻る