「IVI つながるものづくりアワード 2018」にて最優秀賞を受賞

WG活動にディープラーニング画像検査のWiseImagingを提供

2018年10月31日
株式会社シーイーシー

このほど、株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田原 富士夫、以下シーイーシー)がメンバーとして参画したワーキンググループ(以下WG)の活動が、一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(理事長:西岡 靖之、以下IVI)の「つながるものづくりアワード 2018」において「最優秀賞」を受賞しましたので、お知らせします。

「つながるものづくりアワード」は、IVIにおいて実施されたWGのうち優秀な活動を表彰するものです。中でも「最優秀賞」は、最も高い評価を受けたWGに送られる賞となります。

シーイーシーは、2017年度WG活動で、自動車エンジン部分の検査工程における実証実験(合計15社参加)「AIによる生産ラインの生産性向上と自動化進展 ~第一弾:検査工程への取り組み~(3C01)」で、AI(人工知能)技術ディープラーニングを活用した画像検査システム「WiseImaging(ワイズイメージング)」を提供しました。このたびの受賞は、当該WGの活動が「検査の自動化」「検出力向上」「安定化」に一定の成果を挙げたことをはじめ、実際の現場へ展開可能なシステム構成についても検証を実施したことが評価されたものです。

シーイーシーは、今回の受賞を励みに、今後もさまざまなコンソーシアムにおける活動で得た知見を製品・サービスに活かし、お客様の課題解決をICTでサポートして参ります。

■ IVIのアワード発表ページはこちらをご覧ください。
https://iv-i.org/wp/ja/2018/10/04/iviつながるものづくりアワード2018決定!/

■ 最優秀賞を受賞したプレゼン資料はこちらをご覧ください。
https://iv-i.org/wp/wp-content/uploads/2018/04/3C01_20180309.pdf

■ 「WiseImaging」の詳細はこちらをご覧ください。
https://vrr.cec-ltd.co.jp/product/wsi/


一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブについて

ものづくりとITが融合したあたらしい社会をデザインし、あるべき方向に向かわせるための活動において、それぞれの企業のそれぞれの現場が、それぞれの立場で、等しくイニシアティブをとるためのフォーラムです。

詳細はこちらをご覧ください。
https://iv-i.org/


この資料に関するお問い合わせ先

報道関係者お問い合わせ先

株式会社シーイーシー
【担当:事業推進本部 企画部 広報グループ 根本(ネモト)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:kouhou@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

前のページへ戻る