技能伝承、働き方支援アプリ「EdaGlass®」を提供開始

エプソン、Vuzix、山本光学各社のスマートグラスに対応

2020年1月28日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田原 富士夫、以下 シーイーシー)は、眼鏡型ウェアラブル端末スマートグラスを活用した働き方改革を支援するアプリケーションサービス「EdaGlass(エダグラス)※」を本日より提供開始します。EdaGlassは、スマートグラスのハンズフリー(手ぶら)やカメラ映像の機能特性を活かし、工場や作業現場での長時間利用、遠隔作業支援、熟練技能の伝承・教育支援など製造・物流現場の様々なビジネスシーンで活用できます。スマートグラスの対応デバイスを限定せず、今後も幅広いラインアップで業務用アプリケーションを提供します。

※ EdaGlass: For the use of Education in various locations and cultures, the Diverse platform based, hands-free Assisting GLASSes(さまざまな場所や文化での伝承手段を、多様なプラットフォームで提供するハンズフリーなアシスタントグラスソフトウェアの意味)


EdaGlassの主な機能・サービス

スマートグラス標準搭載のカメラ撮影機能を活かした遠隔映像共有のほか、シーイーシー独自の音声認識補助技術、IoT技術を取り入れた各種アプリケーションを用意しています。

主要機能 概 要 活用シーン
映像共有機能 カメラ映像を遠隔地PCに映し出し、リアルタイムな情報共有 遠隔作業指示、トラブルの早期対応、熟練技術の新人教育など
コミュニケーション機能 発話内容を文字でスマートグラス上に表示(音声認識技術) 聴覚障がい者や騒音環境での情報伝達
辞書機能 専門用語などをあらかじめ辞書に登録し、音声認識精度を向上 工場作業や倉庫のピッキング業務など(略称、品番で管理)
翻訳機能 日本語⇔多言語にリアルタイム翻訳 海外拠点間での会議、外国人労働者との情報伝達
サービス 概 要 活用シーン
導入診断
導入支援サービス
利用数・利用時間、環境(騒音・安全・通信状況)に合わせ、最適なデバイスを提案 少人数、PoC(概念実証)での限定利用検討、IT担当者がいない拠点の導入支援

EdaGlassの開発背景

ウェアラブル市場は2020年には世界で97億ドル(約1兆650億円/前年比130%増(出典 平成30年「情報通信白書」)と急速に伸びています。眼鏡型端末のスマートグラスは、小型軽量化・長時間使用の利便性が高まり、業務用・一般家庭用市場で活用が進んでいます。その一方で、スマートグラスは標準機能だけでは用途が限られ、利用者が必要な機能を個別にアプリケーション開発コストが発生していました。
シーイーシーは、これまで工場・物流倉庫向けにウェアラブル端末や位置センサーを活用した作業者支援ソリューションを提供してきました。スマートウォッチを活用した作業管理・IE分析(スマートロガー)、設備保全管理(スマートフォロー)に続き、今回現場の「目」となる視覚情報を活用した遠隔作業支援として、お客様の働き方改革を支援します。


EdaGlassの概要

EdaGlassは、メーカー・機種ごとに異なる機能・仕様、操作性を共通化して、お客様が利用しやすいアプリケーションとして提供します。お客様の利用環境やニーズに応じて最適なスマートグラスの選定や活用提案にも対応し、今後は製造・物流現場以外にも建設・医療・教育向けにも随時対応していきます。

製品名 EdaGlass
対応デバイス 対応メーカー 機種名
エプソン MOVERIO BT-350/BT-300
Vuzix M300
山本光学 Versatile(バーサタイル)
その他 Android搭載のスマートフォンと連携

※2020年1月時点の対応デバイス。詳しくは製品サイトをご覧ください。


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:サービスインテグレーションビジネスグループ
デジタルインダストリービジネスグループ 第1営業部 橋本(ハシモト)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル8F
TEL:03-5789-2482
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

前のページへ戻る