「LogiPull」バース管理がGPSトラック動態サービスと連携

「DoCoMap」の車両位置・到着予測でドライバー・物流倉庫の労働環境改善に貢献

2020年8月18日
株式会社シーイーシー
株式会社ドコマップジャパン

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大石 仁史、以下 シーイーシー)は、物流効率化ICTソリューション「LogiPull®(ロジプル)」を、株式会社ドコマップジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:浦嶋 一裕、以下 ドコマップジャパン)が提供する、GPSを利用した車両位置情報管理システム「DoCoMAP®」と連携し、本日より提供開始します。両社は、トラックドライバーと倉庫・物流センター側の働き方改革に向けて、ICTで貢献します。今後は、両社のお客様への導入実証や、株式会社NTTドコモとの営業協力を予定しています。

近年、EC(電子商取引)市場が伸び、輸配送、宅配需要が増加する一方、ドライバー不足が深刻化しています。国土交通省は、トラックドライバーの長時間労働改善に向け、待機要因につながる荷役作業・附帯業務の記録を義務付けました。また、物流センターや倉庫現場も人材不足に直面しています(2019年度の従事者数が前年度比10.5%減※1)。
シーイーシーは長年、物流業界向けに入出荷・庫内作業の効率化をICTで支援しています。今回、物流倉庫事業者のバース予約・管理とトラック車両・運行情報のデータを連携することで、効率的な運行管理と入出荷時間の精度向上につながり、サプライチェーン上のムダ解消に貢献します。

「LogiPull」バース管理がGPSトラック動態サービスと連携
図:「LogiPull」バース予約・管理と「DoCoMAP」のトラック位置情報が連携

「DoCoMAP」は、180社以上の導入実績があります。トラックにGPS車載端末を搭載するだけで、車両の位置をリアルタイムに管理ができ、効率的な配車業務を実現します。専用のPCや専用ソフトが不要で、クラウドを利用したWebアプリケーションです。出先で使いやすいスマートフォンにも対応しています。従来GPS端末を導入する場合、初期費用が車両1台ごとに10万円前後かかり、運送事業者の負担になっていました。「DoCoMAP」は、初期登録料が不要で、端末代金込みで1台あたり1,780円(月額)のレンタル方式で提供しています。

「DoCoMAP」の詳細はこちら
https://www.docomap.jp/

※1 総務省 サービス産業動向調査:倉庫業の2019年度事業従事者数は前年比10.5%減の18万5,000人


LogiPull × DoCoMAP連携の特長

■到着予定時刻、遅延情報が物流倉庫側でリアルタイムに把握

  • 全国エリアに対応したGPS位置情報をもとに、車両のリアルタイムな現在地情報、目的地の物流施設までの到着予定時間を自動的に算出します。
  • 渋滞・交通事故など計画外の遅延発生時でも、GPS情報と連動した自動更新により正確な到着予定時間を把握できます。遅延の可能性が発生した時点で、物流施設側の端末にアラートが表示されます。

【活用例】到着予定時刻から車両受入スケジュールの変更対応を実現

LogiPullで常に最新の到着予想時間を把握できるようになり、ドライバー・物流施設間で到着時間の確認・連絡の手間が減ることで、早朝・深夜時間帯の人員低減につながります。

到着予定時刻から車両受入スケジュールの変更対応を実現

■位置情報を活用し、受付手続きを完全自動化

従来のスマートフォン対応の受付アプリは、入力のたびに停車する必要があるなど、受付手続きが煩雑化していました。連携サービスでは、物流拠点から一定距離に車両が進入したことをシステム上で検知し、自動的に受付処理を完了できます。

バース予約情報と連携した自動受付を実現

【活用例】バース予約情報と連携した自動受付を実現

位置情報を活用した自動受付機能により、ドライバー側では一切受付操作をすることなく、物流施設へのスムーズな入場を実現しています。

■荷待ち待機の問題を解決:車両呼び出し時にトラックの現在位置を把握

待機中車両の位置をGPS情報から特定し、物流施設までの到着予定時間を考慮して、前倒しで車両呼び出しができます。呼び出し~接車の時間短縮につながり、バース運用を効率化します。

【活用例】物流施設内のトラック待機問題を解消

時間帯によって入場するトラックの増加で施設内に入場できず、道の駅やトラックステーションなどで一時待機が発生する問題を解決します。GPS情報による到着予測時間とLogiPullの車両呼び出し機能を利用し、「着車バース番号指定」「構内待機場」など呼び出したい場所を指定してドライバーに通知し、施設入場・再入場時の車両誘導を効率化しました。

物流施設内のトラック待機問題を解消

■「LogiPull」について

物流センターの荷待ち時間削減・渋滞緩和を支援するシステムです。現在大手・中堅中小の物流企業、製造業の工場を中心に導入実績があります。バース予約システム、受付システム、バース実績管理に加えて、今回のクラウド型のGPS動態管理サービスとの連携により、トラックの延着の早期確認、受入業務の省人化につながります。

詳細はこちら
https://www.cec-ltd.co.jp/solutions/logipull/


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:デジタルインダストリービジネスグループ 西日本サービス事業部】
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

株式会社ドコマップジャパン
E-mail:info@docomap.jp

報道関係お問合せ先

株式会社シーイーシー
【担当:事業推進本部 企画部 広報グループ】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル8F
TEL:03-5789-2442
E-mail:kouhou@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標または登録商標です。

前のページへ戻る