「LogiPull®」に物流倉庫でのバース誘導を自動化する新機能

トラックの入場受付からバース誘導の無人管理を支援

2021年2月26日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大石 仁史、以下 シーイーシー)は、物流効率化ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」に自動呼び出し機能を加え、本日より提供開始します。
LogiPullのバース予約機能に、入場ゲート用のカメラ、電光掲示板を加え、来場車両の特定とバースへの誘導を自動化しました。これにより、倉庫敷地内でのトラックの混雑防止、誘導員の省人化を実現します。

自動呼び出し機能は、受付のタブレット端末や電光掲示板にトラックへの行き先案内を表示する機能です。広い構内を有する施設では、受付とバースの係員がトランシーバーなどで混雑状況を連絡し、ドライバーに行き先を案内する運用が数多く存在します。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大以降、非対面・非接触の対応や在宅勤務導入が求められたことを背景に、人手に頼った運用の継続が困難になっています。
シーイーシーは、トラックの誘導業務をシステム化によって無人化し、人手に頼らない業務フローの実現を支援します。


「LogiPull」新機能の概要

タブレット端末や電光掲示板に「行き先案内」を表示

入場ゲートに設置したカメラで取得した来場車両データと、LogiPullサーバーのバース予約情報をクラウド上で照合します。来場目的の判別後、カメラ・センサーで取得したバースの空き情報を加味し、目的のバース、待機所への案内を電光掲示板に表示します。誘導員が不要となり、ドライバーも下車せずスムーズに移動ができます。

LogiPull自動誘導機能のイメージ
図:LogiPull自動誘導機能のイメージ

また、タブレット端末から来場情報の入力やバースの混雑情報取得ができるニーズにも対応します。来場者への行き先案内が受付のタブレット端末上で確認できるため、カメラやセンサーといった新たな機器の設置工事が不要です。

【お客様のメリット】

  • 車両誘導業務の無人化により、警備・誘導員の人手不足解消や監視漏れ、監視コストを抑制できます
  • 混雑状況に応じた行き先案内が表示されるため、構内でのトラックの無駄な動きが削減できます
  • システム化により、夜間など人手の確保が難しい時間帯も無人でトラックを誘導できます

「LogiPull」の概要

「LogiPull(ロジプル)」は、工場や物流拠点のトラック積み下ろしを効率化する物流ICTソリューションです。「バース予約管理」「車両入退管理」「受付管理」「車両誘導」「バース実績管理」のサービスにより、お客様の物流業務を支援します。

「LogiPull」の詳細はこちら:https://www.cec-ltd.co.jp/solutions/logipull/


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:デジタルインダストリービジネスグループ 第三営業部 西山(ニシヤマ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル8F
TEL:03-5789-2442
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

前のページへ戻る