日産自動車とシーイーシー、体温体調管理技術のライセンス契約を締結

オフィスや工場の健康管理・感染症対策をICTで支援

2021年4月13日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大石 仁史、以下 シーイーシー)は、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:内田 誠、以下 日産)と、日産が開発した体温体調管理システムを無償で使用できるライセンス契約を締結しました。シーイーシーは、このライセンスを元に、製造業向けICTソリューションのメニューに体温体調管理システムを加えて提供予定です。

このたびのライセンス無償提供は、日産が参画する「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」※1に基づくものです。シーイーシーは同宣言の趣旨と日産の取り組みに賛同し、ライセンスを活用して新型コロナウイルス感染症対策の支援を進めてまいります。

※1:日産自動車、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に参画
https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-2e4b2973150aad4bb9f48e3265019964-202005-03-j


体温体調管理システムの概要

体温体調管理システムの概要

日産は、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑制するため、在宅勤務の活用とともに、生産・物流現場の入館時に手指消毒・体温測定を行い、従業員の安全と健康管理に取り組んでいます。取り組みを効率化するため、施設入館時に非接触体温計とサーモカメラによる体温自動測定に加えて、健康状態をタブレット端末で入力しやすい仕組みを一体化したシステムを開発しました。IDカードで本人認証後、測定した体温などの情報が従業員ごとに自動でシステムに登録されるため、データ入力の負担やミスの削減、管理者側は正確な体温や健康状態を一元管理しやすく、感染防止対策の強化につながります。

一方、シーイーシーはこれまで、物流効率化ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」において非接触型の発熱スクリーニング機能※2を提供しています。また、医療介護現場のコロナウイルス感染症対策・省力化ソリューションを開発し、連携先病院と実証実験※3を実施してきました。これらの取り組みに加え、今回のライセンスを活用することにより、お客様の働く環境に合わせた新型コロナウイルス感染症対策の支援を拡大してまいります。

※2:『LogiPull®』非接触検温サービス連携で物流現場を支援
https://www.cec-ltd.co.jp/news/2020/11/26/12558/

※3:院内感染リスク対策で発熱スクリーニングの実証実験を開始
https://www.cec-ltd.co.jp/news/2020/10/12/12410/


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:デジタルインダストリービジネスグループ 第一営業部】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル8F
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

前のページへ戻る