シーイーシー、大阪府と事業連携協定を締結

中小企業のDX推進を支援する「大阪府DX推進パートナーズ」に参画

2021年4月30日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大石 仁史、以下 シーイーシー)と大阪府は、中小企業のDX推進を支援するため、4月15日に事業連携協定を締結しました。
シーイーシーは、大阪府が立ち上げたプラットフォームにおいて、データやデジタル技術に関する「お困りごと」を抱える府内中小企業に対し、「大阪府DX推進パートナーズ」としてソリューションを提案していきます。

大阪府報道提供資料『「大阪府DX推進パートナーズ」に、新たに71事業者が加わりました!』
https://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=41115

シーイーシー×大阪府DX推進パートナーズ

大阪府は2020年3月、中小企業の経営や事業運営のデジタル活用を推進するため「大阪府DX推進パートナーズ」を設立し、企業間をつなぐプラットフォームとして推進しています。シーイーシーは、大阪府の掲げる趣旨に賛同するとともに、本協定を通じて街づくりと地域振興、中小企業の生産性向上、イノベーション創出を支援します。

「大阪府DX推進パートナーズ」に関する詳細はこちら
https://www.pref.osaka.lg.jp/energy/dx/


本事業連携協定に基づく主な取り組み

中小企業の経営、事業運営を支援するICTサービスを提供します。デジタル化、IoT化には、クラウドやネットワークをはじめ幅広いIT知識、技術が求められます。中小企業で不足するIT人材と活用ノウハウを支援するため、会計・生産管理業務などのシステムからオフィスや工場・物流倉庫、医療現場のIT導入、セキュリティ対策、クラウド化などの豊富な実績を活かし、製品選定から導入後の運用サポートまで幅広く対応します。

  • 製品のIoT化を通じて事業のDXを進める大阪府下の中小企業に対して、IT技術の提供ならびに助言により、経営の安定化、事業成長に貢献します。
  • 精密部品や金属加工、医療機器などの製造工程の遠隔監視や、家電製品のスマート化、販売後のアフターサービスに向けて、企画・設計段階から支援していきます。

大阪府が推進する大阪府DX推進事業について(出典:大阪府)
図:大阪府が推進する大阪府DX推進事業について(出典:大阪府)


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:デジタルインダストリービジネスグループ 第三営業部 今井・安川(イマイ・ヤスカワ)】
〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1 新大阪ブリックビル8F
E-mail:D3-marketing@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

前のページへ戻る