24時間365日、企業PCをサイバー攻撃から守る「CEC SOC for Windows Defender ATP」を提供開始

2018年3月30日
株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田原 富士夫、以下 シーイーシー)は、日本マイクロソフトが提供するセキュリティ製品「Windows Defender Advanced Threat Protection」(以下Windows Defender ATP)向けセキュリティサービス「CEC SOC(Security Operation Center) for Windows Defender ATP」を本日より提供します。

昨今、ランサムウェア「WannaCry」を始めとしたサイバー攻撃は、より巧妙化・増加の一途をたどっています。企業では、日々増え続ける脅威に対して、「守るべき対策範囲が広く、デバイス管理も煩雑」「高度化するセキュリティ運用」「人的リソース不足」などの課題に直面しています。

本サービスは、未知のマルウェアを挙動(振る舞い)から検知するWindows Defender ATPの導入から「CEC SOC」による監視・対応支援までの包括的なセキュリティサービスです。お客様は、24時間365日インシデント発生の疑いがある企業PCのログ分析、脅威レベルの判断から解放され、システム運用負荷が軽減されます。

※詳細はこちらをご覧下さい。
https://security.cec-ltd.co.jp/soc_windows_defender_atp/


主な特長

  • 高度なスキル、製品知識を持つセキュリティエンジニアによる迅速な導入支援
  • 24時間365日の有人監視・インシデント対応支援による手厚い運用サポート
  • ファイアウォールやサーバー向けセキュリティ製品などを含めた相関分析により、
    さらに高度なセキュリティ監視が可能

販売目標

2020年までに30社、PC 30,000台の提供を目指します。


エンドースメント

株式会社シーイーシー様による「CEC SOC for Windows Defender ATP」のリリースを心より歓迎いたします。企業PCをターゲットにしたサイバー攻撃は日々巧妙化しており、従来のアンチウイルス対策では防御できない時代になっています。今後も日本マイクロソフトは、株式会社シーイーシー様と協力して、お客様のセキュリティ環境の強化に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 ソリューション&ビジネス開発本部
本部長 佐藤 久


「Windows Defender ATP」について

Windows Defender ATPは、PCおよびタブレット向け最新オペレーティングシステム「Windows 10」にエージェントレスで実装されるEDR(Endpoint Detection & Response)製品です。EDRはデバイス個々の挙動(振る舞い)を検知し、異常なアクティビティを解析します。これにより、従来のアンチウイルス機能では検知できなかった巧妙なサイバー攻撃を把握し、いち早く対策を講じることができます。


「Windows 10」移行に併せたWindows Defender ATPとサービスの展開

Windows 7は2020年1月にサポート終了を迎え、企業PCの「Windows 10」移行が今後多く見込まれます。シーイーシーは日本マイクロソフトと連携し、「Windows 10」移行に併せ、お客様環境に沿ったWindows Defender ATPおよびセキュリティサービスの展開を図ってまいります。


この資料に関するお問い合わせ先

取扱事業部門・照会先

株式会社シーイーシー
【担当:サービスインテグレーションビジネスグループ
セキュリティサービス事業部 CyberNEXTビジネス部 古溝(フルミゾ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:marketing@cec-ltd.co.jp

報道関係者お問い合わせ先

株式会社シーイーシー
【担当:事業推進本部 企画部 広報グループ 根本(ネモト)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL:03-5789-2442
E-mail:kouhou@cec-ltd.co.jp

※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

※PDF版はこちらからご覧ください。

前のページへ戻る