仮想化(ITコスト削減)サービス

仮想化システムのコンサルティングから、設計、構築、運用支援までトータルにサポートするサービスメニューを取りそろえ、お客様の仮想化システム運用形態にあったサービスを提供します。また、特定のベンダーに依存せず、仮想化システム製品、ハードウエアにいたるまで、よりフレキシブルな構築により、お客様のシステム要件にお応えします。

仮想化システムで実現

さまざまな仮想化ソリューション

仮想化を活用したITプラットフォームの統合・集約を実現します。

サーバー仮想化 ストレージ仮想化 クライアント仮想化

特長

  • マルチプラットフォームでの豊富な構築実績
  • 主要な仮想化テクノロジーの充実サポート
  • お客様のニーズにあったITインフラの豊富な提案

仮想化の特長

コスト削減

物理サーバーの削減により省スペース・省電力化を実現し、環境に優しいインフラ環境を実現します。

リソース最適化

物理サーバー台数を削減し、従来無駄の多かったリソースを仮想サーバーごとに最適配分することで、システム負荷を均一化します。無駄を削減することにより高い投資対効果を得ることができます。

運用効率化

管理対象となる物理サーバー台数を削減するだけでなく、仮想サーバーごとのきめ細かい運用・管理を1つの管理ツール上で統合的に行うことで、サーバー増減からスケジュール管理など煩雑な運用を軽減することができます。

高信頼性

仮想サーバー間でのクラスタリングや、ホット・コールドスタンバイによる耐障害性を向上させます。スナップショットなどの活用によりバックアップやテンプレートの配布など様々な仕組みでシステム信頼性を向上します。

ソリューション内容

仮想化診断サービス

現行サーバーの環境とパフォーマンスの調査・検討を行い、仮想化対象サーバーの決定やサービス範囲の決定を行います。

仮想化導入サービス

システム構成設計、運用設計からソフトウエアの設定まで仮想環境の構築作業を一環して行います。

仮想化移行サービス

現在利用の物理サーバーから仮想環境への移行作業支援を行います。

運用保守サービス

お客様に仮想環境でのアプリケーションの動作確認テストをしていただくために、対象アプリケーションの選定や確認項目決定の支援を行います。

利用者教育サービス

仮想サーバー環境の運用、管理方法や各種ツールの利用方法について、教育を行います。

仮想化の流れ

動作環境

仮想化ソフトウエア

VMware Infrastructure 3 / VMware vSphere 4

Windows Server 2008 Hyper-V

Citrix XenServer 5

Oracle VM

SUSE Linux Enterprise Server 仮想化機能 / Red Hat Enterprise Linux 仮想化機能

ゲストOS(※1)

Windows NT 4.0, Windows 2000 Server, Windows Server 2003, Windows Server 2008

Red Hat Enterprise Linux, SUSE Linux Enterprise

※1 仮想化ソフトウエアにより対応するゲストOSは異なります。

○記載の会社名および製品名等は、一般に各社の商標、または登録商標です。

○製品の内容、仕様につきましては改良のために予告なく変更される場合があります。

ケーススタディ

お客様の課題

  • コストを軽減したい
  • 設置スペースを削減したい
  • リクエストを受けてから、短期間でシステム環境を構築したい

ソリューション

  • VMwareを用いたサーバー統合
  • Web/App層は、VMwareで統合。DB層は、Oracle RACで統合
  • 設置スペースの不足を解消(30台→10台)
  • クローニング機能を用いることで、システム構築のスピードを大幅にアップ

サーバーの統合前/統合後

導入効果

  • サーバー作成のスピードが約5倍に向上
  • クラスタソフトが不要になるなど
  • サーバーの短期構築を実現
  • サービスを継続しながらメンテナンス
製品・サービスに関するお問い合わせ

0120-057-232

前のページへ戻る